AIを活用したDX化事例まとめ(人事部編)

人事は採用から配置、評価、勤怠管理など幅広い業務を担い、膨大な情報を処理しなくてはなりません。また、評価など人の判断にゆだねるのが難しい業務が多く存在します。これらの業務をAIに任せることにより大幅な効率UPに繋げることができます。そこで今回は人事にAIを導入する「HRテック」の今をご紹介します。

採用

動画面接を自動採点

通信キャリア大手ソフトバンクの新卒採用選考では動画面接を実施しており、その動画をAIが公平に評価するシステムを導入しました。これにより、動画面接の選考にかかる時間が約70%減少すると同社は見込んでいます。

資質を判断

牛丼チェーンの吉野家は一部の店舗のアルバイトの面接にAIを導入しています。採用に係る業務を効率化し、応募者の資質を診断することにより、ミスマッチを防ぎ、定着率の向上に成功しました。

人事評価

人事異動

生命保険大手の明治安田生命は社員の個々の適性、能力をAIが分析し、最適な人員配置や構成を決めるシステムを導入しました。これに先立って個人のキャリア、研修履歴、評価、保有資格などの人事情報を一元管理するシステムを導入しており、このシステムに蓄積されたデータを基にAIを運用していくといいます。

昇格試験を評価

吉野屋は対話型のAI面接システムを店長への昇格試験にも導入しました。松屋の店長昇格試験では1次試験で筆記テスト、2次試験で面接を課し、その後評価委員会により審査・承認が行われていました。このAIシステムは2次試験の面接に導入されました。これにより、統一的な基準で評価を行えるようになり、社員からの審査に対する不満が減ったといいます。さらに人事業務の効率化にも成功しました。

自衛隊もAI人事システムを導入

自衛隊は幹部自衛官4万人を対象にAIが人事評価や異動を判断するシステムを独自に開発しています。今年中に完成する予定であり、導入されれば、中央省庁初となる見通しです。

報酬を算出

英通信キャリア大手Vodafoneは複数のシステムを使って算出していた販売員の給与やボーナスなどをAIシステムで一元的に算出します報酬決定までの期間が3か月から2週間まで短縮されました。Microsoftも同様のシステムを導入しました。結果、年間4900万ドルものコスト削減に成功しました。

人材育成・管理

早期即戦力

人事のテクノロジー化事業を手掛ける株式会社人的資産研究所はAIを活用したオンボーディング(新入社員を戦力化させるまでのプロセス)サービスを提供しています。近年の働き方改革やテレワークの影響でオンボーディングに苦戦している企業が増えています。このサービスはこのような課題を解決するためにAIがその人にあった環境と育成プランを提案します。実際に同社に導入された結果、新入社員の早期即戦力化が2倍になったといいます。

社員のストレスを予測

株式会社日立ソリューションズの提供する人事総合ソリューションのAI分析機能を使うと過去の勤怠データからストレス状態にある社員を特定し、早期の対策を取ることを可能になります。離職や休職を防ぐことができます。

エンゲージメント管理

オムロンは1on1ミーティング結果をAIに分析させ、モチベーションの低下や離職リスクへの対応に活用しています。このAIは発話比率と表情をベースにした「感情シンクロ」という指標を活用することにより、社員のエンゲージメント管理を可能にしています。

社員からの問い合わせに自動対応

きのこメーカー、ホクトは社員からの問い合わせに24時間自動で対応するAIチャットボットを導入しました。リモートワークの増加に伴う社員からの問い合わせの増加や人事部社員が休職する際の引き継ぎ業務による現場の混乱など多くの課題の解決を図るために導入されました。また、直接は聞きづらいことも質問しやすくなるというメリットも期待されています。